ふくらはぎ痩せ

ふくらはぎの脂肪がつく原因を知ろう

なんでふくらはぎに脂肪がつくの?
理由は大きくわけて3つあるらしいです。

 

 

 

 

 

 

食事が原因
   

 

 

 

カロリーが高いものを食べていると
それだけ脂肪がつきやすなるそうです。
これは他の部位でも同じですよね。
食べれば食べるほど太りやすいって
ことですよね。

 

 

やっぱり食事は重要なようですね。

 

 

運動不足

 

 

 

 

運動しないとそれだけ、どんどん
脂肪がついてしまうそうです。
運動しないで食べてばっかりいると
体全体だけじゃなくて、ふくらはぎにも
脂肪がついてしまうようですね。

 

 

後はふくらはぎの筋肉と使って
いないことも原因のようです。

 



スポンサードリンク



 

年齢を重ねるため

 

 

 

加齢?って聞くと以外かもしれませんが.....

 

 

 

 

筋肉は20歳前後にピークを迎えて、
その後どんどん落ちていきやすくなるそうです。

 

 

 

ですから、脚の筋肉をあまり使わないと
筋肉量そのものが減少してしまいます。

 

 

 

筋肉量が少ないと、脂肪を代謝できずに、
脂肪がどんどん溜まっていきます。
それとともにふくらはぎが太くなってしまうのです。
また、血流を押し返すポンプ作用が働かなくなるので、
むくみやすくなります。

 

 

 

こんな感じのサイクルが生まれます。

 

 

1、加齢や運動不足でふくらはぎの筋肉量が減る

 

 

2、代謝できずに脂肪が蓄積する

 

 

3、そしてふくらはぎが太くなる

 

 

 

この、1、2、3の繰り返しでどんどん
太くなっていってしまいます。

 

 

 

 

このなんとも避けがたいサイクルに突入してしまいます。
このサイクルを繰り返すとどんどん太くなってしまいます。

 

 

 

 

最近運動不足、または歳を重ねるごとに
ふくらはぎが太くなったという方は
おそらく原因はこれだと思われます。

 

 

 

しかし、適度に運動し、筋肉をつければ、脂肪が分解され
細く綺麗で健康的なふくらはぎを手にいれることが可能です。

 

 

 

ポジティブにとらえていきましょう!

 

 

またどうしても、人は歳をとるごとに基礎代謝も
落ちてきてしまうので、その分脂肪として残り
やすくなってしまうようですね。

 

 

 

余談になりますが、
最近流行っているのが、脂肪吸引です。
余分な脂肪を手術で落としてしまおうってことですね。

 

 

 

この脂肪吸引に関しては後程、書いていこうと思います。
ふくらはぎの脂肪がつきすぎてしまって、
生活に支障が出る人は脂肪吸引を考えてみるのもいいと思います。

 

 

 

 

>>ふくらはぎの脂肪を落とす方法のページに進む